しょうもない鱚追い人。
nagewota.exblog.jp
投げ釣り兄弟と愉快な仲間達in新潟。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
画像一覧
最新の記事
8/20 親睦投げ釣り大会
at 2017-08-20 21:02
8/15 村松浜
at 2017-08-16 21:42
8/14 村松浜、網代漁港
at 2017-08-16 21:38
8/12 村松浜
at 2017-08-12 14:27
8/6 夕方少しだけ浦浜
at 2017-08-12 14:26
以前の記事
リンク
外部リンク
最新のコメント
Attention Re..
by DannyWhelo at 09:47
>karei-na-ki..
by ikd_junlin at 23:36
こんにちは! 素晴..
by karei-na-kisu at 13:15
ありがとうございます。 ..
by ikd_junlin at 22:32
おつかれさでした。2回戦..
by チョコボール at 21:01
>Jack@workさん..
by ikd_junlin at 19:42
プロキャスターの#3です..
by Jack@work at 15:56
>ズッキーニさん あり..
by ikd_junlin at 23:15
いつもブログ見させてもら..
by ズッキーニ at 14:13
>karei-na-ki..
by ikd_junlin at 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
検索
カテゴリ:大会( 47 )
6/20 SBC投 新潟大会
今日はダイワSBC投げ新潟大会に参加して来ました。
会場の野積はここ最近はどこに入っても釣れる、しかも型も良いとの前評判で、前日に竿出したナオヤの話でも釣れるとの事。
これは釣れる大会かなーと楽しみでもあり、いっぱい釣らないと厳しいんだろうなーというのもありましたね。
受付済ませて、引いた番号はR19番。
いつも後ろの番号が定位置になってたけど、今年は割と早めのスタートです。
参加者は150人ちょっとで、2回戦には60人くらい進めるみたい。
f0212025_19572699.jpg

さて、競技開始ですがどこに行けばいいのか?
右側は重機が入っていて、今回はエリア外だったので左一択でしたが、どこまで行くか?
結局、だいぶ歩いて堤防よりへ。
f0212025_19574882.jpg

一投目は4色程に投げて引いてみます。
アタリがあるけど、続かない。もしかして…
と、思ったら仕掛け絡みでした。
それでも仕掛け絡みしながらも1匹。でもサイズはピン。
さらに2投目も仕掛け絡みながら1匹。
んー、投げ方が悪かったので、意識して高めに投げたらそれからは安定しましたが、ちょっと出遅れです。
それからは結構連で釣れますが、ピンの嵐です。
釣ってる人はゾロゾロ連で掛けてるので少し焦りますが、まだ始まったばかりと思って地道に釣ってました。
結局、ほとんどが波口でのピン拾い、後半は2色3色でもアタリがあったものの、近投の数釣り勝負の展開だったと思います。
自分は苦手な釣りだし、かなりツマラナイ釣りでしたが、そうも言ってられないので自分なりには頑張って釣りました。
f0212025_19580343.jpg


結局、良さそうなサイズは無しで終了。
この時点でボーダーは全く読めないので不安ですね。
釣果は514gと思ったよりあったけど、持っとる人は数も型も持ってるので厳しいかなーって気持ち半分です。
ナオヤはもう少し苦戦してたので、抜けれないかもって言ってました。
1位通過の人は1kg超えでしたよ。
それでも、自分は30番くらい、ナオヤは50番くらいで呼ばれて、なんとか1回戦通過です。

2回戦は、旗際はだいぶ奥の方でしたが、そこまでは行かずに真ん中よりちょい奥の大きなワンドの手前の出っ張りを確保。
ワンドの真ん中辺は激混みっぽかったです。
だいたい出っ張りのポイント沖にキスが居るパターンが多いので、一投目は5色に落として4色狙い。
すると、良さそうなアタリ連発です。
回収すると6連で好スタート。
それからピンがポツポツ釣れて、その後また良い所に入ったのか型の良いのか3連したり、コンスタントに釣れます。
5色、4色で良いアタリが続いたので、その距離だけ狙って釣ってました。
これは良いポイント入ったかも?と思いつつも、ワンドのポイントも人が動かないし、釣れてるっぽいのでもっと釣らないと厳しいかなーと狙っていきますが…
1時間程でアタリが止まってしまって、この時点で10匹ちょいでサイズはまずまず。もう少し追加出来ればって所かな?
素針を引き始めたので出っ張り周辺で少し移動しますが、移動してしばらくするとそこに入った人が良型を釣り始めました。
また回ってきたみたいで、もう少し粘れば良かったです。
それでも、少ないながらも良型とピンを残り1時間で追加して18匹で終了。
型はともかく、数は伸ばせなかったなー
ただ、全体でそこまで釣れてなければボーダーかな?と、不安もありつつも少しは手応えあり。
検量結果は451gでした。

f0212025_20251447.jpg

ナオヤは500gオーバーで、さすがに権利確実かなって所でした。
聞いたら、型は良くなかったけど11本針を7色6色と引いて数なら40くらい釣ったとか。
めいっぱい投げてたみたいで、近投勝負にならなかったのが自分たちには良かったみたいです。

表彰式が終わって、ブロック大会出場者発表です。
ナオヤは6位だったかな?
自分は11位?12位くらいでした。
なんとか今年も兄弟で権利ゲット。
今年は秋田大会を始めてダブルエントリーしてみたんですが、結果的に秋田まで行かずに済んでホッとしてます(笑)

明日はG杯野積なので、苦手な数釣りではあるけど少しでも釣れるように頑張ります。
f0212025_20252649.jpg

[PR]
by ikd_junlin | 2015-06-20 20:43 | 大会 | Comments(2)
6/7 フィッシャーズスーパーカップ投
今日は野積で開催された本間釣具主催の大会、フィッシャーズスーパーカップ投に参加して来ました。
今回は、一応前日に少し野積で釣ってみましたが、波が高くて釣り難く自分は釣果なしでした。
アタリは何度かあったけど乗らず、雨も降って来て早めに撤収したので正直何も分からなかった。
ナオヤが数匹釣ってたのと、会った人達の釣れ具合を聞いた程度だったし、あとは翌日どれくらい海の状況が回復するかな?ってところでしたね。
それと、マスタライズSMTのガイド取り付けが終わったとの連絡が来たので、午後から取りに行って少し海で投げてみたらなかなか良い感触だったので、ぶっつけ本番でマスタライズSMTデビュー戦でした。

割と時間ギリギリに受付済ませて、開会式。
今年は引いた番号順に並んで、スタートしたらすぐに竿を出して良いというルールでしたが、少し時間が早まって6時前に競技開始。
自分は65番んで真ん中より少し後ろだったかな。
今年は例年より参加人数少なめでしたね。110人くらい?
f0212025_18583813.jpg


浜に出てみると、まだ波が落ち着いてなかったので、釣果は厳しそう。
毎年考えるのが、右左どっちに行くか?
過去の実績から考えて、やっぱり左へ。
結構歩いて堤防から3つ目くらいのワンドへ行って竿を出してみます。
まずは軽めに投げて波の内側を探ってみますが反応なし。
次は6色くらいから手前まで。波に煽られてアタリが分からなかったけど、ピンが1匹。とりあえずボウズ逃れ。
今度は遠投。7色ちょい先から引いてみるもダメ。少し移動してみます。
次は、一番堤防側の出っ張りと次の出っ張りの間のワンドで投げてみます。
5色で1匹、7色で2匹釣って、この辺は少しはキスが居るみたい。
でも、1時間もしないうちにアタリが止まってしまいました。
f0212025_18592236.jpg

ナオヤも近くに居たけど、少し戻って出っ張りの所に入ったみたい。自分はさらに奥の出っ張りへ。
この辺は人がいっぱい居ました。どうやら釣れてるみたい。
さっきのポイントで7色が良かったから、ここでも遠投。
お!やっぱりアタルみたい。回収すると3連でした。
周りの人達も単発ながらコンスタントに釣ってたので、自分も続けて投げ返します。
やっぱり7色、6色のは入口くらいで反応あり。
5、6人でこのポイントを攻めてましたが、5色狙いの人と7色狙いに別れてましたね。
自分の感触としては7色のキスが方がサイズが良さそうだったので終始遠投でした。
後半はアタリが止まったり、アタリがあっても乗らなかったりで伸び悩みましたが、出っ張り周辺を少し移動してみると最後の30分で2匹追加出来ました。
もう少し釣れそうだったけど、ここでタイムアップです。

ここから急いで戻ってなんとか検量に間に合いましたが、やっぱり遠くまで行くと戻るが疲れますね…
足が痛いです。
検量は一番最後だったので、皆がどれくらい釣れてたのかサッパリ分かりませんでした。
あと、そこそこのサイズが居たので大物賞用に計測したもらったら21.2cmだったかな。
釣果は11匹494gでした。
数はそんなに多くないけど、サイズは揃える事が出来ましたねー
f0212025_19001378.jpg


それから毎年恒例の高橋さん日置さんのデモンストレーション。
今年は本間スタッフさんが前で投げさせられてて見てて面白かったです。
初心者なのに大勢の前で投げると罰ゲームみたいで(笑)

その後は海岸清掃してから表彰式です。
自分は結構釣ってるって話だったので、入賞は出来そうなのかな?と少し期待の表彰式でしたが、10位でまだ200g後半と思ったより少ない。
この時点で300g超えてたナオヤが入賞決定です。
ナオヤが6位で呼ばれて商品ゲット!
自分も思ったより上に行けそう。結果は2位でした。
まさかの2週連続の準優勝とは、自分でも驚き!
優勝された方は僅差でしたが500gを超えてましたね。上位3人は堤防側の出っ張りで同じ所で釣ってたので、今回は一番良いポイントに入れたって事ですね。
ポイントに入れて、どちらかといえば遠投派っていう自分のスタイルにハマったのが良かったです。

あと、大物賞は同寸で1位だったんですがじゃんけんで負けてしまったので取れませんでした。
ちょっと残念だけど、結果は十分だったので良しとしましょう。
先週は何も貰えなかったけど、今週はいっぱい賞品貰えて、それもお得感満載でした。
とりあえず、来週は大会は一休みなので、マスタライズSMTでプライベートな釣りがしたいなぁ
f0212025_19012705.jpg


[PR]
by ikd_junlin | 2015-06-07 19:44 | 大会 | Comments(2)
5/31 シマノJC上越大会 柿崎中央海岸

今日はシマノジャパンカップ上越大会に参加して来ました。
毎年この時期の柿崎で行われてますが、だいたい厳しい釣果で打ちのめされる事が多いんですよね。
でも、今年は好天続きで釣果も上向き?と少し期待してはいたんですが…
雨模様、柿崎は強風、波も結構ありと…始める前から厳しそうだなーと。

f0212025_20544747.jpg


ゼッケンは後半の番号引いたので向かって右側のエリアのようです。
今年は本部が駐車場の端に出来ていたので、左エリアはテトラ右からテトラ前を禁止エリアとして例年の左エリアだったみたい。例年より広くなってました。
右エリアは左エリアの延長分以外は延々と米山方面に広がるだけの広いエリアでした。
競技の少し時間が押して6時15分スタートとして移動開始します。
右側に結構歩いたエリア真ん中より米山側くらいの所で釣り開始。

f0212025_20551521.jpg


今日のタックルはスピン385FX+のライトタックルですが、右方向への波が酷くて仕掛けが流されて釣りにならない。
18号錘から20号に変えるも、さほど変化なく並に煽られます。これ以上の号数の持ち合わせがないので何とかやるしかありません。
横風も強くて釣りにくいし、途中で雨も降ってくるし寒い…
どうやって釣ればいいのか四苦八苦しながら何度か移動。
仕掛けが流されながらも何となく釣ってると、なんとキスの姿が!
仕掛けが煽られてアタリは分からなかったけど、ここにはキスが居るみたい。
その辺を狙ってみると、今度は明確なアタリがあって、20cmオーバーゲット!
いつもなら錘が上がってからくらいの波口釣りだけど、今日はその距離は波で釣りにならないから波口より少し沖かも?
その後は続かなかったものの、8時半過ぎに1色半くらいで追加で3匹で1回戦終了。
全体的に釣果が思わしくなさそうなので残れるかなーって所。
f0212025_20554904.jpg


検量戻ると釣果が悲惨だったみたいで、大半がボウズだったようです。140人くらいの参加で釣果ありが39人とか。
自分は右エリア5位で2回戦進出しました。
途中で諦めかけたけど、なんとかキスの顔が見れて半分ラッキーみたいなもんです。
1回戦で入った所はエリア外なので、入るならテトラの左右どっちか?と思い移動しますが、テトラ右で1回戦上位の人が入ったので、ここが釣れるのかな?とテトラ右に入ってみます。
人も集まって激戦区になりました005.gif
f0212025_20570353.jpg
f0212025_20572453.jpg


2回戦開始。
1投目から一番テトラ側の方がキスを上げてます。
やっぱりこのポイントはキスが居るのか?と思うも、そう上手くはいかず釣れません。
始めは2色以内を狙ってましたが、釣れるのフグだけ。
もうちょっと沖に投げて3色から探ってみると、ちょっと引き込むようなアタリ!
たぶん波に引っ張られたんじゃくてアタリだよなー?と思って回収すると20cmくらいのキスでした。
1匹釣れてホッとしつつも2匹目を狙って同じ距離感を狙ってみたり、4色から手前まで広く探ったりしますが、その後はキスの姿は見れずタイムアップ。
それでも、1匹釣れたし良い方なんじゃないか?といった所ですね。

結局、2回戦30人で釣果があったのは6人と激渋だったようです。
それなら上位に入ったかな?とちょっと期待してたら、結果2位でした。
なんとか拾った1匹で2位とかラッキーでした。
f0212025_20584256.jpg

セミファイナル権利は9名までの所に釣果ありが6名でしたので、大会規定により1回戦順位での繰り上げになりました。
ここまで釣れない事もあるんですね。とにかく激渋、天気も酷い大会でした。
結果的には運が大きく味方してくれて、まさか苦手なイメージの強い柿崎での2位というのは驚きました。
来年のセミファイナルも頑張りたいですね。
来週の野積は釣れるといいなぁ…
f0212025_20591080.jpg


[PR]
by ikd_junlin | 2015-05-31 21:52 | 大会 | Comments(2)
5/24 日本サーフ新潟地区大会
今日は村松浜で日本サーフの新潟地区大会でした。
自分は去年から出てるけど、他の大会との日程の兼ね合いでどんどん時期が早くなってますね。
ちょうどキスが釣れ始めるくらいの時期で釣果も安定しません。本当ならもう少し遅い時期なら釣果も良いでしょうけど。
時間は6時~11時の5時間と長丁場で、それほど釣果も見込めなさそうだったので修行でした。
f0212025_21561276.jpg

開会の挨拶が終わって移動しますが、今日は左側へ。
まずは土管ポイントから始めますが、ここでは2投して反応なし。
さらに左方面へ行ってみますが、続いて入ったポイントでも反応なしで再び移動します。
やっぱり時期的に渋いなーといった印象で、今日はまず1匹を目指します。
だいぶ歩いてお湯が流れてくるポイントを越えた所まで来ました。
f0212025_21565569.jpg
ここで1投目で5色でアタリ。
単発ながら15cm程度のキスゲット。とりあえずボウズ逃れ。
続いてピンですが2匹目ゲット。
この辺には居るのかな?
しばらくして隣に入った人が良型3連して、人も集まり始めました。
そこそこ釣れてたけど、5人くらいで投げ込んでたらアタリも止まり終了。
もう少し先まで歩いてみると7色で3連、釣れるのは7色から6色に入るくらいまでで、ある程度パターン掴んでちょっと追加出来ました。
ただ、ここでも数人で同じ場所に投げ込んで最後は止まってしまいました。
まだ少し時間あるのでお湯のポイントに戻りましたが、5色から4色で釣れて2投で2匹追加して、時間を考えてここで終了。
渋いながらも、この辺に来た人の中では釣った方かなーといった所でした。

釣果は16匹で型は小さいのから平均サイズまでくらい。
5時間でこれだとやっぱり少ないなぁ…
検量行くと持ってる人は凄い持ってまして、どうも右側の一部の所では釣れたとかで左行った人は厳しかったのかも。
広い浜で良くある本部からどっちに行くかの二択で外したパターンですね。
それでも7位入賞とそこそこの釣果で終われて、商品券3000円ゲットしました。
釣れないなりにキス釣りらしい釣りが出来たし、大会も続くので少しは感覚も取り戻せて良かったです。
次は来週のシマノですが、今年は釣れるといいなぁ
f0212025_21572916.jpg



[PR]
by ikd_junlin | 2015-05-24 22:32 | 大会 | Comments(2)
11/16 NSCF杯投げ釣り選手権決勝大会
先週は日本サーフの決勝大会で大磯に行って来ました。
今回は、同じく新潟代表の本間さん、他地区で代表権を取った金子さん、金安さんと一緒に行って来ました。
前日の夕方に少し下見しましたが、自分は太平洋で釣るのも初めてで、浜も砂利というか小石が多くて投げにくいなぁ…といった印象です。
遠投するなら波打ち際で波が引いた時かな。
ただ、どうも遠投は必要なさそうな感じでした。
大磯というと遠投というイメージですが、この時期は近投らしいです。
f0212025_16304515.jpg

その後は大磯プリンスホテルで前夜祭でした。
ここでは楽しい釣り談義を。
自分は投げ釣り経験が浅い方なので大先輩方の話でためになるんですよねー
f0212025_16500265.jpg
翌日は7時から競技開始です。
50人中20名が決勝へ進みます。
開会式後に海へ移動します。
f0212025_16310486.jpg

本部から海へ出て、向かって右へかなーり広い範囲までが競技エリアでした。
自分はエリア真ん中辺からスタート。
今日は近投に絞って釣ろうと思って2色くらいから引いて来ますが、アタリがありません。
周りでも釣れてる人は釣れてます。
少し移動して釣ってみるとピンが釣れました。
続いて良いアタリがありましたが、手前で波に持ってかれてしまいました…
その後も移動しつつ釣るも、なかなかキスを見つけられないしパターンも掴めてるようで掴みきれない感じ。
ポツリポツリをピンを釣るのが精一杯でした。
f0212025_16315797.jpg
結果は見事に1回戦敗退です。
初めての大磯はちょっと難しさを感じる浜でした。
2回戦を見学してましたが、全体的にキスが薄い浜なので、移動して足で釣るのが基本なのかな。
自分は、キスが居なければ移動は早いけど、居る所を見つけるとじっくり攻めるので、普段より早めの移動をしなければダメだったのかもしれませんね。
f0212025_16321780.jpg

決勝進出者、上位入賞の方々。
足で数を稼いだ方、ほとんどがピンの中で少しでも型を拾った方がい上位に食い込んだ感じでしょうか。
自分は、さっぱりな釣果でしたけど、普段と違う場所で釣れて勉強になりました。
今後もいろんな所で釣る機会があればいいな。
f0212025_16323601.jpg




[PR]
by ikd_junlin | 2014-11-24 17:13 | 大会 | Comments(2)
10/5 GFG親睦投げ釣り大会
日曜はGFG(がまかつファングループ)の親睦投げ釣り大会に参加して来ました。
自分は始めて参加しましたが、新潟で開催されるもの初めて?なのかな。
いまいち良くわかってないけど、がまかつファンで集まって釣りましょう的な感じですかね。

場所は村松浜でした。
本当に今年は良く来ます。結構遠いんですけどね(笑)
f0212025_20112751.jpg
人数はどれくらい集まったのかな?
30人以上は居たと思います。

しかし、海のコンディションは厳しいです。
前日よりはマシらしいけど、波が高い。
今年、村松浜で釣った中では一番厳しそうな状況でした。
f0212025_20132424.jpg
今回は左方面に歩いて、まず遠投から始めてみますが、ちょっと前日運動的な事をしたので筋肉痛で飛距離がイマイチ。
遠投してもキスが釣れません。
渋い状況ですが、釣ってる人はポツポツ釣ってます。
しかし、自分はサッパリ…
遠投したり近投したり移動したり、2時間以上掛けてやっと1匹。
その後も続かずて、後半になんとか良型を1匹追加。
同じポイント投げ返そうとするも、ライントラブルなどで上手くいかず…
結局、たったの2匹で終了。
ナオヤは10匹程釣ってたし、自分は渋い状況の中でもかなーり渋い釣果でした。

先週から落ちが始まってるみたいなので、海が回復すれば爆釣するかなーと期待してます。

[PR]
by ikd_junlin | 2014-10-06 20:21 | 大会 | Comments(3)
9/27.28 ダイワSBC全国大会 吹上浜
この週末は待ちにまったダイワSBCの全国大会で、鹿児島県の吹上浜に行って来ました。
結果は抜きに楽しかったし、勉強になって、もの凄く貴重な体験になりました。

今回は始めての大遠征でしたが、地元の名手の高橋明男さんと一緒の2人旅で、これもいろいろ為になる話から、普通に仕事の話だったり、道中も楽しく行けましたねー
餌の管理もしていただいて、遠征初心者の自分としては凄く助かったし、1人で行ったら緊張してただろうし、リラックス出来て良かったです。
燕三条から新幹線で東京へ、それから羽田、羽田から鹿児島空港、そこからはダイワの送迎バスで吹上浜まで移動のスケジュールでしたが、やっぱり遠いですね。
でも、そのいつもと違う感がまた良いです。

朝出発して、夕方に現地着しましたので下見は出来ませんが、前日入りだったり、当日でも朝に現地に来て下見してる方が半分以上でした。
状況が分からないので不安もありましたが、前日までは台風の影響でほとんど釣れなかったものの、土曜の時点では爆釣だそうです。
受付を済ませ、選手説明会で集合して、自由時間に温泉入って、前夜祭です。
やっぱり全国大会は別世界でお祭りって感じでしたよ。
おいしい料理食べて、お酒飲んで(あんまり自分は強くないですが)いろんな選手を話して、前夜祭だけでも楽しいです。
f0212025_16334985.jpg
そこそこお酒も回った頃にエリアとワッペンの抽選会です。
各ブロックごとに引いていくので、ブロック1位の人でじゃんけんでブロックごとの順番を決めましたが、自分が1回で負けてしまったので、うちらAブロック組は最後になってしまいましたが、結果的にはそんな悪い順番でもなかったかな。
富山の太田さんはW1だし、同じく富山の澤谷さんもR2、自分はR6、高橋さんはR10ですが、うちらは下見してないし、早くてもさほどメリットないので。

抽選後、壇上に上がって皆さん軽くインタビュー。
まぁ、自分は面白い事も言ってませんが、中には面白い事を言ってる人も(笑)
高橋名人、連覇の早坂さんの、W組の方々の方がメンツは濃い目?
f0212025_16300693.jpg
f0212025_16295493.jpg
前夜祭が終わって、その後はロビーに居た選手たちとまたお話させてもらって、それでも割と早めには寝ましたかね。

翌日は4時くらいに起きて、朝食やタックル準備して、浜までバスで移動です。
浜に到着した時はまだ暗かったです。
f0212025_16301730.jpg
整列してエリアに移動です。
本部があるのが自分たちのRエリアで、エリアの左から右までで800m。
さらに右が決勝エリアで500m、そのさらに右の800mがWエリアで、かなり遠いですが、各ブロック10名に対して広さは十分でした。
f0212025_16303701.jpg
自分は6番で移動。
今回は30秒ごとに移動するので、行きたい所がある人は早い順番が有利ですね。
自分は下見してないので何とも言えない感じでしたが、本部から右の方が広かったので右側へ。
この時間は潮がけっこう引いいてる状態ですが、これが競技中に満潮になってくるそうです。
f0212025_16305638.jpg
タックルは、マスタライズ33HとZ45ノーマル。
プロキャスター35-405とZ45LGも持ち込みましたが、どっちのロッドも硬いの普段使ってる方をチョイス。
遠投の必要はほぼないので、おそらく25号とか27号くらいがベストだろうけど、自分は持ってません。
他選手から前日の状況を聞いてのイメージとしては、100匹は軽く釣れる、2kgじゃ勝負にならない感じらしいです。
自分は、そこまでの数釣りの経験がないし、そこまで数釣りが得意でもないですが、それを補える良いポイントに入れればなぁ…といった感じ。
天秤もいろいろ持ち込みましたが、シンプルにデルナー27号。
仕掛けは7号の10本、モトス2.5号で作った鹿児島仕様で始めます。
f0212025_16311811.jpg
6時半に競技開始。時間は3時間。
1投目は4色ちょっと投げてみます。
1投目からつまずきたくないのでドキドキです。
4色ラインから3色でアタリ連発で、9連とまずまずの立ち上がり。仕掛けも絡まず珍しくキレイに掛ける事が出来て気分は上々です。
しかし、2投目以降はそこまで掛からず、左側の高橋さん、澤谷さんは好調に続いてるようで焦ります。
掛かる時はいっぱい掛かりますが、そうでもない時もあってちょっと出遅れた感じでした。
イメージをしては頑丈な仕掛けで早めのサビキで絡ませずに掛けるのが理想なんですが、そもそも自分があんまり上手くない。
それと、少し投げすぎると藻があって、餌に藻が付いてキスが食わなくなります。
それに気付かずに3投ほどキスの掛かりが悪くなって失敗したかなー

1時間経って、前日の話からの想定に比べると思った程に釣れてません。
自分の中でこれは厳しいと思ってしまったら、逆に焦りとかなくなって、もっと自分らしいスタイルでやってみる事にします。
針を5号の10本、絡まっても良いから丁寧にキスを掛けるイメージで引く。
焦りがなくなったからか、スタイルを変えたからか調子が上向いて来ました。
仕掛けは絡みますが、後半は平均6連くらい。
絡んでもすぐ変えられるのがセット仕掛けの強みで、自分は連結ではなく全てセット仕掛けにしてます。
割と周りは後半ペースが落ちて来てたようですが、自分は群れを捉えてましたし、悪いなりに100匹釣れれば良しとしようと思って釣りました。
残り時間で、あと1投2投?って時にアタリが少なくなり、ポイントでアタリが1回のみ。早めに回収してもう1投で多点掛けを狙いましたが、ラストも2匹。
魚が移動したのか、微妙にポイント外してしまったのか残念。
最後に気持ちよく終わりたかったなぁ。

全然思ったほど釣れなかったなぁ…と思いつつ検量に行くと、やっぱり皆持ってるように見える(笑)
まぁ、自分も普段に比べたら考えられないくらいに持ってるので、ちょっと感覚が分からないです。
松尾さんだけは前半爆釣したらしく見た目で倍近く持ってました。15連3回あったとか凄い!
魚の数が多いので数回に分けて計るので正確な重さが測った時は分かりませんでしたが、自分は2600台。
割と釣れてたみたいで2位か3位になりそう?
ドキドキしますねー

続いて遠いWエリアから選手が戻って来ます。
f0212025_16313312.jpg
こっちはホントに爆釣です。
前日からのイメージ以上の釣れ方!
うちらのRエリアは干潟になる部分が広くて少し距離投げたけど、Wは干潟部分が少なくて1色くらいの釣りで、魚も多かったみたいです。
釣れ方としてはRエリアの倍くらいでした!

Wエリア1位の坂手魚神(ぎょしん)選手の釣果は6kg超えです。
3時間で180匹以上。
f0212025_16315484.jpg
そんな感じでWエリアは4kg台もざらで上位に残るには5kg台が必要な記録的な釣果になりました。
Wエリア2位は連覇の早坂さんで、この2名がWの決勝進出者になります。
Rエリアは松尾さんがぶっちぎりの4kg超え、以下は2Kg台の勝負でした。
で、2位は富山の澤谷さん2703g98匹、自分は3位2668g97匹と僅差の3位…
厳しいだろうと諦めていたとはいえ、こうなると悔しいなー
予選の釣りを振り返った時に、ポイントはそこそこ良い所に入れたし(結果的に見て)、今の自分の数釣りのテクニックを考えて自分なりに点数付けたら70点くらいかな。
中盤の藻を拾ったのとか早く気付いてたらとか1匹2匹釣れたなーとか思いますが、4位の高橋さん含め、1投でひっくり返せる差だったので、これは結果が全てですね。
悔しいけど、この経験が次に活きるのは間違いないし、上手い人ってこういう経験をいっぱいしてるって感じました。

続いて、決勝戦、シード権争奪戦です。
シード権争奪戦は予選とエリア入れ替えて行うので、予選敗退してWエリアまで歩くのはキツイです。まさに罰ゲーム(笑)
f0212025_16322162.jpg
この時間帯は満潮から少し潮が引いてきた感じ。
Wエリアは干潟の先の深みから干潟に入ってくる辺りがポイントのようで、上越の釣りっぽい。
エリア左側はイマイチ、一番遠いエリア右端付近が良かったようです。
自分は真ん中辺で釣ってたので順位も真ん中辺でした。
ちょっとマッタリしてしまったのもあるけど、Wエリアの釣れっぷりのイメージに頭が追いつかずにRアリアと同じくらいの釣れ方でやってたのが良くなかったですね。
2時間で2kgくらい釣ったけど、1位の藤岡さんは軽く3kg超えてて勝負にならず。
W組1位は高橋名人だったようで、獲得選手は来年のブロック1回戦からになりました。

決勝戦は、見た目で誰が優勝か分かる釣れっぷりで、優勝は坂手さん。
決勝でも軽く3kg超える釣果で、今大会は乗りに乗ってましたねー
前夜祭でも笑いとったりひょうきんで、まだ32歳と自分より若い好青年です。
とにかく手返しが早いようで、自分も彼の釣りを見たかったってのがありますね。
2位早坂さん、3位松尾さん、4位澤谷さんでした。
優勝は来年の全国シード、4位まではブロック2回戦シードです。
自分はまた地区大会からになりますが、またいつか全国の舞台でやりたいと強く思う楽しくて貴重に大会でした。
この経験を機にこれまで以上に精進して、坂手選手と同年代だし若い流れに乗って行きたいですねー
f0212025_16323948.jpg

[PR]
by ikd_junlin | 2014-09-29 18:35 | 大会 | Comments(4)
9/21 日本サーフ新潟協会王座決定戦
日曜日は日本サーフ新潟協会の年間王座決定戦に参加して来ました。
場所は村松浜です。
今年は村松浜ばっかり行ってる気がします(笑)

王座決定戦を残して自分は4位でしたが、ポイント差はかなりあったので、3位までの三つ巴で、自分は順位を落とさなければいいかなーと。
それと今回はSBC全国前の最終調整として多点針で手前をメインで釣るつもりで考えてました。

f0212025_01155713.jpg
夜明けも遅くなってきたので、今回は7時から開始でしたが、土管ポイントから始めてみます。
1投目は4色でいろんなアタリが出て、小さいながらキスをゲット。
しかし外道の方が多いですね。
何度か投げ返すと、アタリがあるのは4色、3色くらい、外道にキスが混じる感じの釣れ方です。
微妙に釣れるので移動もしにくい状況。
隣の暫定2位のH間さんがデカイのをゲットしてたので、まだ近くに大きいのいるかなー?と探ってみますが小さいのばかりでした。

このポイントで釣れなくなったので移動しますが、移動しても外道ばかり。
チャリコ、ヒイラギ、フグ、黒チャリコ、スズキの子…
左方面に移動するも、釣れないので引き返して元のポイントへ。
小さいのならポツポツ釣れますが、外道パラダイス…
プライベート釣行のナオヤが8色でけっこう釣ってるので自分も遠投してみるも、針8本だと7色くらいしか飛ばないなぁ…
遠投用スプールも鹿児島へ送ってしまったのでありませんし。
で、遠投してもチャリコです(笑)
そうこうしてるうちにタイムアップ。

結果だけ見ると、左方面で遠投した人が良かったらしいです。
いつもなら遠投する所だろうけど、今回は多点近投に拘ったのが完全に裏目に出たのと、あんまり釣れないエリアを行ったり来たりしてたみたいです。
釣果は散々でしたけど、割と集中して釣れたので調整としてはまずまず。
年間ランキングは何とか5位に残れたので、それもまずまずかな。
今回1位のk俣さんが逆転で年間王座を決めたのは見事でした。

さて、今週末は鹿児島です。
台風の影響が心配ですが、それなりに釣れるといいですねぇ

[PR]
by ikd_junlin | 2014-09-24 01:33 | 大会 | Comments(0)
8/31 日本サーフ新潟協会 クラブ対抗戦
ブロック大会翌日は新潟協会の大会でクラブ対抗戦でした。
連日の村松浜です(笑)
前日夜は新潟で飲み会があり、家まで帰ってから村松浜はキツイと思って、車で寝てから村松浜へ出撃のハードスケジュールでした。

前日の朝は雨が降りましたが、この日は天気もよく気持ちの良い朝でしたねー
自分は前日の余韻やら、筋肉痛やら、寝不足、飲み会後と、なんとも微妙なコンディションでしたが。
f0212025_23002896.jpg
受付を済ませ、開会式。
青山サーフ、シーサイドクラブ、鱚楽塾、他クラブ無所属合同チームの4チームの上位3名の釣果で競うそうです。
それと、個人成績が年間ポイントに反映されます。
自分はこの時点で5位なので、上位との差を縮めたい所ですが…

6時に競技開始、時間は11時までの長丁場です。
どこに向かうか悩むも、今回はなんとなく左へ。
右は、下見とか前日まで何度も行ったし、釣ったことない場所を攻めてみたかったってのもありました。
足が痛いのに延々と歩いて、温排水が流れて川を越えてさらに奥まで。
f0212025_23003974.jpg
しばらく手前を狙ってみるもイマイチ。
遠投に切り替えて、沖から引いてくると7色でアタリ。
でも、サイズは小さめでした。

3投目だったで6色で20cm級ゲット。
しかし、6色で続かず少し移動。
そんな感じで移動して行って、河口付近まで来ました。
f0212025_23010510.jpg
この辺は浜も平らで浅い感じ。
ここでもサイズアップはしません。
しばらく釣って大きく引き返します。

温排水ポイントに戻ると、朝から良型混じりで釣れてたようですが、もうサイズは落ちてきたとかで、完全にタイミング逃してしまった…
ちょっと歩き過ぎたのと、無駄に沖を攻めすぎてしまったかも。
やっぱり5色6色くらいが良かった?

取り戻そうと、このポイントで遠投しますが、ポツポツと釣れるもののピンばかり。
数はけっこう釣りましたが、ここでの良型は0でした。

残り時間を考えて、また大きく引き返します。
どこもあんまり釣れてないので、前日の2回戦ポイントにキスが残ってないか行って見る事に。
先客がいらしたので聞くと釣れてないとか。
いや、沖に居るはず?と思い込み、0.2号装着で遠投!
7色半でアタリ。サイズはそんなではないけどキスは居ます。
2投目は良いアタリ!
20cm級ゲット。
次はピン。
時間いっぱいのラスト4投目、今日イチのアタリ!
20cmオーバーとピンの2連で終了。
このポイント恐るべしです(笑)
ここでの追加で、なんとか見れる釣果にはなりましたが、内容はイマイチでした。

検量は755gとちょっと物足りない感じ。
一応、合同チームの3番手で少しは戦力になれたようです。
チーム順位は、青山、合同、鱚楽塾、シーサイドの順でした。
個人ポイントは4位に上がったものの、上位3人が接戦で自分は大きく引き離されてる感じで巻き返しは難しいですねー
5位の某名手と2ポイント差なので、なんとかキープ目指して最終戦を頑張ります。
ちょうど鹿児島の前の週なので、SBC全国前の最後の釣りになりそうだし、ここは集中していきたいですね。
f0212025_23011209.jpg

[PR]
by ikd_junlin | 2014-09-02 23:37 | 大会 | Comments(2)
8/30 SBCブロック大会
それではSBCブロックの事を書いていきます。

今回は兄弟でブロック大会出場だったので2人で村松浜に向かいますが、向かう途中で雨が…
受付の時点でかなり降ってましたが、始まる頃には何とか落ち着いてきましたね。
受付でワッペン引くと、いつものように引きが悪いというか、W25でWエリアの一番最後でした002.gif
f0212025_20574140.jpg

Wエリアは海に向かって右側の工事エリアを越えたさらに向こうまでで、今年はエリアをかなり広く取ってました。
海のコンディションは波も落ち着いて結構良さそう。
ここ2週の下見の時よりも釣れるかな?
f0212025_20575991.jpg
各エリア24人の内10人が2回戦へ。
整列は最後尾。
スタート順は遅いけど、さてどこに行くか?
f0212025_20582745.jpg


やっぱり右なら工事エリア流れ込みが鉄板と思って、少し走って人を抜いてなんとか流れ込み周辺の場所を確保。
f0212025_20585305.jpg
1投目、まずは手前から4色投げてみます。
4色で3連とチャリコ。とりあえず釣れたから出足は悪くはないですね。
2投、3投を続いて、サイズも20Cmオーバーを1匹ゲット。
しかし、近投だと数投で魚が散ってしまい、素バリになってしまいました。
それなら遠投で釣ってみますが、沖にも良型居ました。良型を3つ程追加です。
これは結構調子良いですね。
そうはいっても遠投もサイズが落ちてピンが多い展開で、後半は小さいキスを地道に釣ってる感じでした。

後半は数はともかく重量は伸ばせないかったものの、場所の選択から時間経過による距離感の読みは大体イメージ通りに釣る事が出来たので、自分としてはある程度満足のいく内容の1回戦でした。
ナオヤも工事エリア側に来てたけど、序盤はポイントは外したものの、中盤以降は型を連掛けしてたみたいで、見た感じ同じくらいの釣果だったみたい。
これで他のポイントがもっと釣れてて1回戦落ちなら仕方ないというか、ポイント読み違いと実力不足と思うしかないなぁ…と思いつつ、ちょっと期待しながら検量へ。
f0212025_20593971.jpg
他の人の釣果を見ると自分は持ってる方で、計ると700g超え。これならたぶん大丈夫と一安心です。
無事にWエリア4位で通過。
ナオヤも6位通過で、兄弟で2回戦進出出来ました。
ボーダーは500gちょっとだったと思うので、結果としては余裕があったけど、釣ってる時は全く状況が読めないので最後まで1匹でも多く釣ろうと必死でした。
やっぱり地区大会とは雰囲気が違う気がします。

さて、シード選手1名を加えての21人で2回戦になりますが、ここから4名が全国大会へ。
シード選手からスタートして、自分は4列目スタートでしたが、この短い時間に右左のどっちに行くか葛藤しました(笑)
前半スタートの人は右が多かったんですが、工事エリアは2回戦エリア外だし、Rエリアでも遠投に限らず型も数も出てたようなので、1回戦とは逆の左に歩くことに。
適当な所まで歩いて竿を出そうと思うも、皆がエリア左端の方面へ行くので釣られてだいぶ歩きました。
やっぱり1人でポツンと釣ってると、周りの状況が見えないので、いろいろ判断しにくいし不安にもなりますもん。
多くの人が通称土管ポイント周辺に集まりました。
2回戦開始、まずは近投から。
反応なし、釣れても外道…
数投は近投で探ってみるも釣れません。
2時間の短い勝負なのにいきなりポイントを完全に外して、これは厳しいかな…と、テンション下がりまくりです。
周りでも遠投し始めたので、自分も近投に見切りをつけて遠投するも、沖にもキスが居ません。
エリア端の人も移動する人が数名、自分もダメなら早めに動こうと思ってたので戻る方向に移動します。
自分のイメージでは、暑くなってからも沖にはキスがついてるので、そういうポイントを見つけられればと思い8色ラインまで投げて沖を探ります。
2度移動した所でピンが釣れました。ピンをちびちび釣った所で…感じではあるけど、この辺にはキスが居るようです。
居ない所は遠投しても居ないので、この周辺を探ってピンを少しずつ追加していきます。
少しずつ投げる場所を変えていくと、なかなか良いアタリがあって、慎重に回収すると良型の2連!
片方はかなりデカイ。計ったら24cmオーバーでした。
これで諦めムードだった気持ちに火がついて、この2連で取り戻せたかも?ここからが勝負って気持ちになりましたね。
しばらくこのポイントで投げると、型は続かないものの連で釣れて来ます。
さらに、少し先に居た人が移動したので自分がそこに入って周辺は広く使って探ります。
風も強くなってきたので、ラインを0.2号に交換して、めいっぱい遠投してました。
1時間経過時点で、なんとかツ抜け。そこからもポツポツ追加していきます。
後半戦になると、見学の人達がある程度状況を把握してるみたいで、この釣果なら4名に引っかかるだろうとか言われましたが、自分自身は半信半疑で、とにかく気を抜かず最後まで釣れるだけ釣ろうと、ただそれだけでした。
終了間際に7色半で久々に少し良いアタリ。16cmくらいの3連!
これはけっこう稼げたーと、再びテンション上がります。
残り3分、もう1投で釣れるかー、と思うも力んでしまってポイントまで届かずタイムアップ。

結構期待しつつも、これでもどこかで誰かがいっぱい釣ってて5位とかだったら…とか不安もありました。
検量行ったら、係の人にダントツって言われたので、これでほっとしましたねー
釣果は500g超え、数も型も揃えて優勝する事が出来ました。
f0212025_21014161.jpg
結果だけ見れば大差で余裕があったんですが、序盤はもう終わったと思ったし、中盤から後半もなんとか全国当確ラインくらいだと思ってたので、凄い緊張感の中で集中して釣りが出来たと思います。
釣れるポイントを見つける事が出来て、その周辺を集中して釣った事と、ここ最近になって安定して飛距離が出てポイントに届いたのが結果的に良かったのかなと。
プロック参加は3度目でしたが、過去2回はSBC初参加と2回目参加の時で初心者のビギナーズラックかと思ってたし、実際にブロック大会では難しいコンディションに打つ手無しという内容だったので、この数年間の経験の分は内容のある釣りが出来ればって気持ちは強かったです。
出来過ぎな内容ではあるけど、最高の結果も付いて来たので凄く嬉しかった。

次は鹿児島で全国大会ですが、自分は新潟、近県の日本海でしか釣った事ないので九州の釣りは未体験。
キス釣を本格的に始めて日も浅い方なので、やっぱり経験値は足りない部分も大きいし、全国の雰囲気も分からないので、とにかく大きな経験になるだろうし、いろいろ学んで帰って来たいですね。
出来る限り、準備をして、その場で吸収出来るものは即吸収して、精一杯やって楽しめて、あわよくば結果も良ければ。
当日はあっという間に終わってしまうだろうから、それまでが楽しいのかもしれません(笑)
f0212025_21020825.jpg


[PR]
by ikd_junlin | 2014-09-02 00:25 | 大会 | Comments(6)